R0012627.JPG カカシの足元一本足

2012年08月09日

この前ムカデに咬まれたので



キャラクターを作りました。
興が乗ってきたので、敵とヒロインとライバルと学校の先生を追記できたらと思います。

※百足マンは中学生です。
posted by カカシ at 16:35| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

炎天下だよケンタウルスの解体ショー

もーほんとご無沙汰しております。
ブログ全然手をつけてませんでしたよ、だってフェイスブックさんが便利すぎてもうね・・・。
まあでも、こちらしか見れない方ももちろんいますよね。すいません。

え?別に期待していなかった?
・・・・・ちょっとあなたは静かにしてもらえますか?
ほんとちょっとの間だけでいいんで。

はい、と言うわけでですね、長文こそが僕の真骨頂です。
今日も「君の文はめんどくさい」と言われたばっかりです。
どういう意味かさっぱりわかりません。
褒められたんでしょうか。

しばらくぶりのUPとなりましたが、久々にブログに帰って来たので、今回はこれまでの過去と決別するという意味を込めて旧作品の解体の様子を挙げようと思います。


R0012625.JPG

これですね、タイトル「無名の戦士」ケンタウルスです。
はじめから数えて第三番目の作品です。
これまでの展示で僕の作品中一番お目見えがあったやつかもしれません。
屋内から野外とフットワークのよい作品でした。
実際、重くて僕の負担はそれなりのものでしたが。

作品が増えていくに従って保管場所が無くなってきたことと、いつまでもこいつばかりに頼るのはどうかと思ったので今回解体する運びに。

DSC_0295.JPG

先ずは頭と土台になっていた部分を外します。
まあ、こうやって見ると既に解体してるようなもんですね。

DSC_0296.JPG

次に胴体部分(人型のね)に付けてあった板を外していきます。
結構さくさく外れていったので、一気にここまで来てしまいます。
僕はリベット留めで構築しているので、そのリベットを抜けば簡単に分解可能です。
組めば強度は保てますが、層状になっているものを剥がすのはそんなに難しくはないです。

DSC_0297.JPG

はい、あっという間に胴体部分は無くなりました。
それにしても、今見えている中央にあったパイプのみでこの重さ(30キロ)を支えていたとは・・・。
解らないでやっていた頃は恐ろしいものだ・・・。
今は外郭の強度を重視した作りにしているので、中の骨組みはもっと簡単なのですが、この作品はこれのみで全体を支えていました。

DSC_0298.JPG

続いて、馬の部分を解体します。
面の部分が既に少ないので、殆ど終わっているように見えますが、実はここからが辛かった。
平板が網目のような構造になっているので、正直どこから手をつけていいかわからなくなる。
この日はすでに夕方になっていたので、蚊の多さに憤慨しながらこの日の作業は終了することに。

DSC_0301.JPG

翌日、炎天下の中作業再開。
地道に解体を進めて、平板の厚いものと薄いものを分類しながら解体していく。
馬の胴体部分は骨組みと前後の足のみになりました。
骨組みになっていたパイプ部分は重量に耐えきれずに湾曲しているのが伺えます。見難いけど。
ほんとによくこれで出せていたものだ・・・・。
この後、解体したものは新作品に転用する為、材料の分別は大事です。
上に写っているダンボールは今のところは気にしないでください。
B型の僕に整然とか突っ込むほうがおかしいんです。


DSC_0303.JPG

解体終了。
骨組みになっていたパイプを分解し、使えそうだなと思うものはある程度までで残しておくことにしました。
兜の部分はなんかかっこいいので、そのまま胸像みたいなものにしようかなと考えています。
それにしても、ここまでの解体で両日併せておよそ5時間。
制作当時は日中仕事していたとはいえ、およそ3カ月かかったのに・・・。
おそらく最近制作した作品は分解するとなると、まあ、それでも2日くらいでできるわけですけど、後々使えそうなパーツはあまりないかもしれません。
ただ、分解するというのは当時自分がどうやって作っていたかを思い起こすことができるのでちょっと面白かったです。
以前、ライオンの「king」を解体した時もそうでしたが、なんかあんまり悲しいとかそういう気持ちにはならないもんですね。

今回解体した部品は、現在制作中の作品に転用されるわけですが、9月2日のGEISAIにて皆さまの前にお目見えすることになると思います。
その後、その作品はGALLERY ART POINT「Five」展へ出展する予定です。

ありがたいことに、今年の秋は例年になく展示のお話しをたくさん戴きました。
解体されたケンタウルスが惜しまれる声を既にすこーしだけ頂戴しておりますが、新たに仕上がる作品にご期待ください。

よし、かっこいい締め方じゃないか!
てか、なんかちょっとまたケンタウルス作りたい気分にもなってきてるんだよな〜
ミノタウロスっていう手もあるな〜

冗談です。
posted by カカシ at 03:01| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。