R0012627.JPG カカシの足元一本足

2012年04月26日

個展「すいません、今から出ます」終了しました。

岡田洋平個展表.jpg

R1064489.JPG

R1064480.JPG

先日の日曜日を持ちまして、個展「すいません、今から出ます」が終了しました。
今回もたくさんのお客さんのご来場を賜わることができました。
ご来場下さったみなさま、ありがとうございました!!



展示会場がどんな様子だったかは上の動画をご覧ください!
今回も作曲してくれたオノデラさん(Lantan music http://www.lantanmusic.com/)がいつの間にか撮っていた動画です。なんかPVになってました。
でも、僕は今回ほどコラボレーションに成功を感じたことはなかったです。
個人的にはですが。

今回の展示では、作品の「影」にこだわった展示をしました。
僕の作品の残像と、オノデラさんの残響が計らずとも(笑)一致して空間の統一を産んだと思っています。
実際、これまでこの広さで一人で展示するということはなかったので、僕にとって一番よいサイズ感のある展示だったと思っています。
まあ、ちょっと作品持って来過ぎちゃった感はあったけれど・・・。
久しぶりの個展だったので張り切っちゃった感は否めません。
自分で言うのも何だけど。

それにしても、今回ほど展示作業が楽しいと思ったことはなかったかもしれません。
ある意味、オノデラさんの機転がことを上手く運んだというあの意味のわからなさ。
最終的に
「これはDUBだ」
という名言。
そしてなんか実際そうなったし、僕もそれに新たな発見ができてしまいました。
なんか本当に自分の方向性が見えたような気分になりました。
いや、実際分かったような気もしています。

今回の個展は、自分としては大きなターニングポイントになるような気がします。
重要なのはライティングであり、展示方法で、しかも小道具に頼らない展示が一番良いのだと改めて気付かされたように感じます。
いつもどこかインスタレーション的な展示をしていたので、何かと小道具に頼る面が多かったのですが、自分の作品たちがこうも存在感を示してくれたことにはちょっと感動もしました。
とは言え、「作品強度」というものは、どんな場所だとしても存在感を示せるということですから、作品本体の完成度と言う意味では、まだまだ未熟ということは痛感もしています。
実際、ライティングや、音楽と言ったものを「小道具」としてしまえば、今回もそれに頼ったとも言えますし。
でも、作品をよりよく見せる展示方法、も作家の手腕であり制作の一部であることも正論だと思いました。
蛍光灯の明かりでは作品が安っぽくも見えたし、音が無ければ僕は静寂に耐えられなかったとも感じました。
間接照明のみで影を出すことで作品の性格をより発現することができたと思うし、音を出すことで空間に動きを出すことができた。
でも、どこでだってできることではないから、尚更スペシャル感があったのかもしれません。

今後、しばらくはapARTmentや企画展、アートフェスタなどの単発出展が続きますが、作品が溜まってまた個展をする日がちょっと待ち遠しくも感じています。
ライティングとかのことを思うと個展でしか思うようにはできないはずですし。
それまで、自分の作品強度がどこまで上げられるかが勝負です。

お礼状_edited-1.jpg

それではみなさん、またお会いしましょう!!




dm.jpg

2012年5月15日(火)〜5月20日(日)
11:00-20:00(最終日は16:00まで)
The Artcomplex Center of Tokyo
〒160-0015 東京都新宿区大京町12-9 (ACT) 2階4部屋
Tel/Fax 03-3341-3253

Animal Planetは、2011年に開催された、Animal Worldを主体に、さらに大きな展覧会として、本展覧会を企画いたしました。
私たちは日々の暮らしの中で様々な動物たちと出会います。それは近所の野良猫であったり、 飼っているペット、動物園の動物、アクアリウムの動物、本の中の空想上の動物であったりと、 時と場所を問わずに色々な場所で彼らと接しています。
そして、出会った動物たちは私たちを癒したり、 和ませたり、楽しませたりしてくれます。 また、彼らの姿は自然で美しく、見ている私たちを圧倒させたり、感動させたりする力を持っています。 今回の展示会では、来場者様に普段は見ることのできない「動物の惑星」をご提供致します。
約50ブースに渡る作家の描く動物達の展覧会、森、海、空などに4つに別れた部屋ごとの「アート」作品における「動物」たちを是非ご鑑賞くださいませ。


いやーはっはっはっは。
終わったと思ったらもうすぐこれですよ。参っちゃいますね。

すいません、鼻っ柱をへし折って下さい。

ACTの企画展に参加します!
僕は一点だけ(鹿ちゃん)ですが、全フロア動物まみれになるみたいです!
最近鹿ちゃんの露出が多いですが、森林公園の時よりパワーアップしてますので、是非見に来てください!R1064561.JPG





posted by カカシ at 02:37| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

岡田洋平個展「すいません、今から出ます」明日から!

岡田洋平個展表.jpg

岡田洋平個展「すみません、今から出ます」

2012/4/17(tue)-4/22(sun)
11:00-20:00(最終日は18:00まで)
The Artcomplex Center of Tokyo
〒160-0015 東京都新宿区大京町12‐9
tel/fax 03-3341-3253
2F ACT5

作家在廊日 18日(水)21日(土)
※DMをお送りした皆さまには間違った記載をされていますので、上記の日程にお改めください。
 大変失礼をいたしました。


いやあ、ブログ書くのがすっかりご無沙汰してしまいまして。
ちょっとFBの方ばっかりやってたもんですから・・・。
すごい便利ですよね。こういうことやってると。

しばらくこっちに書きこまない間、いろんなことがあったようにも思いますが、僕自身にとっては特に何もありませんでした。
仕事とかばっかりでした。
あ、いや、ハンター×ハンターの最新刊やシドニアの最新刊が出ましたよね!
あとちょっとFPSにハマりました。
オンラインは向いてませんでしたね。


はい、どうでもいいんです、そんなことは。
個展が明日から始まります!
年始の意気込みはどこに行ったのか・・・。
こんなタイトルのどこに覚悟が感じられるのか・・・。
喉元過ぎればとはよく言ったものです。
自分で言ってれば世話がありません。

しかし今回のこの個展。
そんな僕が言うのもなんですが、ちょっと今までとは感じの違うものに仕上がりました。
これまでの小道具に頼った空間演出は今回していません。
作品のみ、計13点を展示しています。
自分でも、こんな雰囲気になるとはちょっと思っていませんでしたが、妙な圧迫感を感じるほどです。
作品が多いのもありますが、小野寺さん(今回も音源作ってくれました)の音楽がなかったら、一人でその場にいるのが息苦しく感じるほどです。
ACTの5という場所は、今まで個展として展示した経験のない広さがあるので、いつもより作品に「間」がある為なのか、照明を暗くしたせいなのか・・・自分で作ったものから責任を問われているような気がしてきます。
僕がそんな感じなのに、見に来てくれたお客さんは一体どんな反応をしてくれるのだろう、と、不安半分楽しみ半分の気持ちがいつもより強く感じています。

皆さま、是非とも遊びにいらしてください!
できれば僕のいる日にお越しいただければと思います。
皆さまにお会いできることを楽しみにしております!

DSC_0231.JPG
posted by カカシ at 01:35| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。