R0012627.JPG カカシの足元一本足

2011年02月28日

明後日からapARTment2011始まります!

apa2011.jpg

apARTment2010
3月1日(火)〜6日(日)
11:00〜20:00(最終日は18:00)

The Artcomplex Center of Tokyo
ACT4
http://www.gallerycomplex.com/

多様普遍性表現集団「apARTment」は、「作者それぞれの生活が持つ特異点」から生まれた「独自の表現」、それが隣り合って並び合う状態を集合住宅(apartment)に同居していることに見立て、「生活と芸術が共存する空間」の可能性を追求しています。



今回で4回目の開催となるapARTmentは、出展作品を平面作品に絞り、過去3回の内にapARTmentが培った一つの成果を披露します。

岡田洋平(銅立体作家)・白檮山義則(WEBデザイナー)・藤田真理子(日本画家)・島崎良平(イラストレーター)・荒井麻里(ヘアスタイリスト)・蝶名林 弘美(ヘアスタイリスト)・菅谷 さやか(イラストレーター)以上の主要メンバーに加え、今回ゲストとしてACTではお馴染みのHEJSAN(北欧イラストレーター)も参加します。


「部屋の記憶」をコンセプトとして組み上げた今回のapARTmentは、いつもより静かです。

エネルギッシュだけれども、でも少しだけ大人な雰囲気を持ち合わせながら、皆さまをお迎えしようと思います。




〜apARTmentとは〜

多様普遍性表現集団「apARTment」は、「作者それぞれの生活が持つ特異点」から生まれた「独自の表現」、それが隣り合って並び合う状態を集合住宅(apartment)に同居していることに見立て、「生活と芸術が共存する空間」の可能性を追求しています。

主宰である銅立体作家 岡田洋平 をはじめ、それぞれに違った職業・生活を持つ面々が、素朴ながらも個々に育んできた感性を枠に囚われることなく、情熱の赴くままに爆発させることが純粋な表現というものの一つではないかと考え、作品発表等の活動を行っています。

また、在籍するメンバーの作家活動の広報宣伝、展示作業のヘルプ体制をとっており、作品を作ること以外の面での経験値を育むこともapARTmentが持つ重要なコンセプトです。
隣人からお醤油を借りるように、メンバーそれぞれが持つ特技特性を相互関係に利用し合い、個人の負担を軽減し尚且つクオリティの高い発表を成し遂げることをapARTmentは可能にしています。




あーもうついに始まっちゃうよーapARTmentがー。

明日っつーか今日はもう搬入だよー。

でももう寝ると危ないよー。

早いんだよ朝―。



そして、誠に申し訳ないのですが、私恐らく今回のapARTmentには在廊できません。

DMお送りした皆さま、本当にごめんなさい。

僕はいませんが、他のメンバーが在廊する日もございますので、お越しになられたら幸いです。




つーか、何なんだよ!明日出張って!!



ここ最近、今の仕事に疑問を感じることばかりでひどく疲労を感じてしまう。


posted by カカシ at 04:02| 埼玉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

apARTment2011がもうすぐ。

apa2011.jpg

apARTment2010

3月1日(火)〜6日(日)

The Artcomplex Center of Tokyo
ACT4
http://www.gallerycomplex.com/

多様普遍性表現集団「apARTment」は、「作者それぞれの生活が持つ特異点」から生まれた「独自の表現」、それが隣り合って並び合う状態を集合住宅(apartment)に同居していることに見立て、「生活と芸術が共存する空間」の可能性を追求しています。



今回で4回目の開催となるapARTmentは、出展作品を平面作品に絞り、過去3回の内にapARTmentが培った一つの成果を披露します。

岡田洋平(銅立体作家)・白檮山義則(WEBデザイナー)・藤田真理子(日本画家)・島崎良平(イラストレーター)・荒井麻里(ヘアスタイリスト)・蝶名林 弘美(ヘアスタイリスト)・菅谷 さやか(イラストレーター)以上の主要メンバーに加え、今回ゲストとしてACTではお馴染みのHEJSAN(北欧イラストレーター)も参加します。


「部屋の記憶」をコンセプトとして組み上げた今回のapARTmentは、いつもより静かです。

エネルギッシュだけれども、でも少しだけ大人な雰囲気を持ち合わせながら、皆さまをお迎えしようと思います。




〜apARTmentとは〜

多様普遍性表現集団「apARTment」は、「作者それぞれの生活が持つ特異点」から生まれた「独自の表現」、それが隣り合って並び合う状態を集合住宅(apartment)に同居していることに見立て、「生活と芸術が共存する空間」の可能性を追求しています。

主宰である銅立体作家 岡田洋平 をはじめ、それぞれに違った職業・生活を持つ面々が、素朴ながらも個々に育んできた感性を枠に囚われることなく、情熱の赴くままに爆発させることが純粋な表現というものの一つではないかと考え、作品発表等の活動を行っています。

また、在籍するメンバーの作家活動の広報宣伝、展示作業のヘルプ体制をとっており、作品を作ること以外の面での経験値を育むこともapARTmentが持つ重要なコンセプトです。
隣人からお醤油を借りるように、メンバーそれぞれが持つ特技特性を相互関係に利用し合い、個人の負担を軽減し尚且つクオリティの高い発表を成し遂げることをapARTmentは可能にしています。





ふううううううー、まったくね。

最近、ヤんなっちゃうことが大変多くてですね。

apARTmentがも再来週から始まってしまうという始末。


今回は、いつもとは一風変わった作品を作っています。

家電。



まじでがんばれ、おれ。

猛禽類が狙っている。


完。
posted by カカシ at 02:37| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。